Bio

Ultrademon has explored the emotional sub layers within electronic music for the past 15 years. She made a name for herself during the social media proliferation of the early 2010s via a globally networked art & culture movement. Real name Lilium Kobayashi, the experimental musician’s investigation of sonic ontology has seen her delve into the realm of sound art, creating exhibitions and collaborative projects internationally. Her seminal album (“Seapunk”) was released via Aphex Twin's Rephlex Records, sparking a series of primarily club works. With each release, she provides mythic and abstract narratives that reflect her own interior world. Recently she has created tonally dark pieces, shifting focus to timbre and at times borrowing from medieval modes. After a nearly two-year period of research, she has created her latest work “Chamber Music,” released on November 1st 2019. Kobayashi lives and works in Kyoto.

2010年代初頭、ソーシャルメディアが普及する中でグローバルなネットアートと文化的なムーブメントを通じ評価を築いたUltrademon(本名Lilium Kobayashi)は、過去15年間に渡り電子音楽を構成する様々な感情的要素を探ってきた。また、音の存在を追求する実験音楽家としてサウンドアートの分野を掘り下げ、国際的な共同プロジェクトや展示を生み出している。2013年、Aphex TwinによるレーベルRephlex Recordsから発表した独創的なアルバム“Seapunk”を発端に彼女はクラブミュージックのリリースを重ね、作品群の中で自身の内面世界を映し出す神話的かつ抽象的な物語を提供してきた。近年は音色に着眼して時に中世的な様式を取り入れながらダークな楽曲を制作しており、2年弱に及ぶ研究期間を経て構築された最新作“Chamber Music”が2019年11月1日リリース予定。現在京都を拠点に活動を行っている。